忍者ブログ
ことばは矢のように、あなたのこころに突き刺さる。 あやふやで不安になることばも その傷が癒えることばも。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
愛される人はいいな


選ばれる人は、いいな


わたしはいつ罪悪感を手放して行けるのだろう

死ぬまでこのままなのだろうか

私が愛されたいのに
愛する存在を持つことは出来るのだろうか

根拠のない励ましはいらないよ

ただただ
受け入れて欲しいだけなのに
私はただのわがままで

ほの暗い世界にぽっかり浮かぶ頼りない舟


愛される人はいいなあ

選ばれる人は、いいなあ。

拍手[0回]

PR
あと一分で明日

あと一分で今日

私たちが過ぎ去る日々は
二度と来ない一瞬の積み重ね

そこに後悔や悲しみをいれて
どうするというのだろう
もう二度とと戻れない日々

私はいつになったら

もう泣かないと、思えるのだろう。

拍手[0回]

昨日、40歳になりました。

30代は、大学に入学し、6年勉強し、
卒業して国家試験を受け、合格し
「医療系国家資格が欲しい」という目標を達成した10年。

初めて、ねこという柔らかな生き物との暮らしを始めた30代。

そして、つい先日、出会いから10年
一緒に穏やかな暮らしを続けていた人や家と
10年の節目でお別れしました。

別々の人生を歩むことを決断するまでに
猶予がなかったし、相手に考えさせる余裕も与えられなかったこと
最終的には、風のようにあっという間に裏切ることになってしまったことに
今でも後悔の念がわいてきます。
最終的に同じ結果になったとしても
もう少し優しく、暖かく、手を放していけなかったものかと。

思い出は美化されるとよく言いますが
私のここ数年の「選ばれないつらさ」は薄れ
一緒にいた優しい記憶だけに支配される日々が
勝手ですがつらく寂しく、たまらない気持ちになり
涙がぽろぽろと流れてくる日々が続いています。

目の前にいくら素敵な未来が用意されているとしても
この気持ちは理屈ではどうしようもしがたく
一生懸命毎日、「執着を手放そう」と言い聞かせても
それにもまして記憶というのは残酷で
いつか私にもその記憶が微笑んでくれるのを
ただひたすら、待つことしかできません。

上書きも削除もできないもの。

ただ、一緒に生きていく記憶。
それは、人の人生を巻き込んだ、あっという間の10年でした。

いることが、当たり前だと思ったことが
一番私の悪いところでした。

40代に入り
私はまた、今までにない人生に挑戦することになりました。

子供を産んでみたい。
お母さんになってみたい。

私の漠然とした希望が
どうやらもうすぐ叶えられそうです。
まだ何にも、準備なんかできていないのにね。

それでも人生を生きていく。

つらいことも悲しいことも乗り越えて
後悔も切なさもあきらめも繰り返し
そしてまた朝が来るたびに
目を覚ます私がいる

涙も過去も超えて

それでも 海へ 還る。

拍手[0回]

金魚すくいでひょいっと掬われた私は

幸せしかないと思っていた

いろんなものをあきらめて手放して
大切さに気が付かづにいた宝物を手放して

わたしは欲しかった、未知の世界を手に入れたけど

私はその世界にいくための装備が足りなかった

今まではガイドがうまく私をいなしてくれていたけれど

私は初めて一人になって
山に登っている

ここからきれいな景色が見えると思っていた

いつも晴れていたのは
きっと私のせいではなかった。

拍手[0回]

ももの缶詰が大好きだ。

缶を開けていなくても
持っているだけでウキウキする。
もものラベルも大好きだ。
そのかぐわしい優しい香りを
缶のそとからうっすらかおることや
中に入っているももが
シロップに沈んでいるところを
想像するだけでワクワクしていた。
開けることが無くても
持っているだけで大好きだった
ももの缶詰
開けてみたら
一瞬で楽しみは終わり
何も入っていないただの缶が残って
さみしい気持ちとお腹がいっぱいで
私は訳が分からなくなるけど
もう二度と
ももの缶詰は開かない。

拍手[0回]

いろんなものにさようなら

せめて心の友になりたかった

親友でいたかった

あなたは私ではなく
そばの大陸の人間を信じる
迫真の演技で今日も
あなたを虜にする
そう、3年前のあの時のように

なんだかんだ言っても離れられない
籠の中の鳥なのね
とらわれた宇宙人みたい

私の思い出の国に一緒にいくのだろうね
結婚したといわれたけど
まあきっと

それも、嘘。

私に勝つことしか考えてない

そのためにはどんなに人を傷つけようが
迷惑をかけようが
傷つけたり迷惑をかけている自覚もない
わがまま自己中お嬢様
きっとあなたには
まぶしく見えるのだろうね

私に向けられるその牙にもう疲れたよ

拍手[0回]

強くなるように
元気でいきられるように
その猫をグリコと名付けたあなたは
元気でいますか
いつも雨降りのその国から
底抜けに明るい大陸に
飛び立っていく準備はできていますか
わたしは羽がない鳥だから
飛んではいけないけれど
いつも天を仰げば空
そこはどこまでも遠くまでつながっている。

拍手[0回]

所詮見てくれだけの人間
中身を見てくれていた人を捨てて私は
遠い遠い世界に移行する

所詮私を知ろうとなどされない
だから私は金魚のように振舞って
ただそこにお祭りの時だけ存在していた

そんなことも知らないで私は
お祭りが日常だと思っていた

だけど本当の幸せっていうのは
ただの日常だった
私はそこに少し飽きてしまったのだ
だけど飽きるためには土台が必要で
そのことに私は
いつの間にか長い時間をかけてしか
気がつけなくなっていた

拍手[0回]

あなたは南の小島から
南の大陸へ行ったのかな
淋しさから 
いろんな物を傍に置いたあなたは
それをきちんと手放したのかな
遠くの私を手放して
傍にいる狂気

嗚呼 いつかあなたと
笑ってまたバカみたいに
くだらない話をして
あの頃はバカだったねと言いあいたい

私はそのころは
あなたの知っている私ではなく
もっと強くなっているだろう

あなたはあなたの空を飛んで
私は私の空を飛んで
いつかまた同じ空で出会えるといいね

冷めた紅茶をすする
南の小さな小島の君へ。

拍手[1回]

二十年ぶりに入院しました

20年前は上部消化管出血でしたが
今度は下部消化管出血で、今日で6日目の
入院生活。

ずっとルート取られてますが
絶食も昨日から解除されて
病院生活にも慣れてきました。

清潔な生活。

拍手[0回]

前にあるものだけ見られたら
どんなに幸せなことだろう

私の夢は何だったのだろう

手のひらからこぼれるもの
胸の底から湧き上がるもの

まだ知らない世界

きっといつか見てみたい世界

大切な思い出

ずっと忘れない世界。

拍手[0回]

一日一日が過ぎてゆく

まるで優しい綿あめのような
毎日がふんわりとした何かのような
そこに激しい感情はなく
ただただ、静かな一日
私の人生の終焉
ただ、なんとなく過ぎていく

遠くのあなたはどうしているだろう
南の大陸での新しい世界の扉は開けたろうか
青い森はあなたを包んでいるだろうか
優しい思い出を胸に過ごした10年を
私を忘れないでいてはくれまいか。

拍手[0回]

あなたと私は

ふれなばおちんね

拍手[0回]

海の向こうのあなたはまるで
入道雲のようね
切ないほどの海のきらきら
遠くに見える夏の思い出
もくもくとした中に潜む
熱い思い。

あなたといられないなら

誰とでも同じのように思えた

だけどいろんなことが
パズルのようにうまくかみ合わさって
不完全なもの、それを埋めるものが
絶妙で私は
こうして生きてこられたのだと思う

会えないあなたと
毎日そこにいるルームメイト
ここちよい猫たちとの時間
満たされない心

絶妙なパズルだった
わたしはそのパズルを捨てて
全く新しい
まだ出会って2か月の
新しい世界と一緒に生きていくことになった

絶妙なかみ合わせでバランスをとっていた私の心は

まだ、やり場のない心のピースを

組み合わせることができないでいる。

拍手[0回]

なくしたものはいつも
無くなってからその価値に気づく

あんなに望んでいたものは
手に入れる代わりに
気づかないほど大切な存在を
失わなくてはならなかった

大切な大切なもの

毎日あるからこそ
当たり前になって
なくなった後のことなど
想像もできなかった

毎日あの日に戻りたいと思う日々

だけどもう戻れない日々

私は笑顔で未来を作っていけるだろうか

人を愛していけるだろうか。

拍手[0回]

次のページ >>
カレンダー
11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
木蓮
性別:
非公開
自己紹介:
山へ行けばわかるよ
カウンター
最新コメント
[05/07 pochi]
[05/01 moto]
[05/01 moto]
[05/01 バード]
[04/29 pepipo]
忍者ブログ [PR]